若白髪の悩みを改善して若返ろう【白髪を染める方法】

カラートリートメント効果

髪染め

負担軽く少しずつ染めて

人目が気になる若白髪を染める方法は、いくつか考えられます。その中でも比較的新しい製品に、カラートリートメントがあります。カラートリートメントは、シャンプー後トリートメントのように使用して、少しずつ若白髪に色素を入れて染める製品です。染色剤はヘアカラーのような永久染毛剤と、ヘアマニキュアのような半永久染毛剤に大別できます。カラートリートメントは後者で、HC染料や塩基性染料などの合成染料によって、3層に分けられる毛髪の中間にある毛皮質の外側を染める仕組みです。酸化染毛剤となる永久染毛剤は髪内部でメラニン色素を分解したり化学反応を起こさせたりするため、髪や頭皮への負担が避けきれません。しかしカラートリートメントだとそこまでの刺激がなく、髪などへの負担は比較的少ないです。さらにアレルゲンになりにくく、かぶれる心配も少なくなっています。カラートリートメントで若白髪を染める場合、染色の仕上がりは自毛の色と製品の色に左右されます。黒髪部分は何となく黒っぽくなるでしょうし、白髪部分は茶髪になるのが一般的です。一度に色が入らないので、毎日のように使うことで色を重ねていきます。若白髪の場合は、白髪の量が少なくことが多いですから、カラートリートメントのような髪や頭皮への負担が軽減できる製品を使用するのが安心かもしれません。あるいは、カラースプレーやマスカラタイプ、パウダータイプの一時染毛剤を出かける前に塗って白髪を隠すのも一つの方法です。

人気記事

困る人

様々な脱毛を改善できる

HARG治療は性別・年齢問わず施術を受けられる薄毛治療です。毛周期のサイクルを正常に戻し発毛を促進します。円形脱毛症やストレスが起因となっている脱毛に対しても有効です。様々な脱毛症に対して発毛効果を発揮する点はメリットと言えるでしょう。

詳しく見る

頭

自然な髪型にできる

自毛植毛は拒否反応に悩まされる心配も無いので、安心して手術を依頼できる薄毛治療として注目されています。頭皮の傷跡も目立ちにくいですし、毛髪も自然な生え方をするので、見た目を気にする人にも最適な治療法です。

詳しく見る

男の人

日々のケアが大切です

抜け毛は頭皮の栄養不足と毛穴のつまりが主な原因です。そのため、頭皮の栄養不足はサプリで補ったり、スカルプシャンプーも効果があります。そして、予防ではブラシでマッサージをすることで、毛穴がきれいになり血行促進によって頭皮を強くできます。

詳しく見る